歯ぐきをピンク色にする方法

歯ぐきをピンク色にする方法

歯ぐき

 

人が若く見えるかどうかを大きく左右するものは沢山ありますが、中でも後回しにされがちなものがあります。

 

それが歯と歯ぐきの色です。

 

 

白い歯には拘るけれど、歯ぐきの色までは気にしていないという人は意外と多いものです。

 

しかし、美しい口元には白い歯の他に「バージンピンクの歯ぐき」が欠かせませんよね。

 

なぜなら歯の見え方というのは実は歯肉の色にも影響されているからです。

 

 

歯肉が明るいピンク色だと光が綺麗に反射するので歯も白く見えますが、歯肉に黒ずみがあると光が反射しないせいで歯も相対的に暗く見えてしまいます。

 

歯は綺麗な白色なのに歯ぐきが黒ずんていては、悪い意味で白さが目立ってしまい、まるで若作りをしている高齢者のような滑稽なことにもなりかねません。

 

 

健康な人の歯ぐきは淡いピンク色をしていますが、特別な病気をしてるわけでもないのに歯ぐきが全体的に黒ずんでいる人もいます。

 

その原因は長年に渡る喫煙習慣や日焼けによるメラニン色素の沈着、かぶせ物の材料などがあります。

 

また、場合によっては差し歯の成分に含まれている銀イオンが時間の経過とともに溶け出して歯ぐきに沈着してしまうケースもあります。

 

 

歯が黒ずんだり茶色に変色している場合には歯茎のホワイトニングが推奨されています。

 

その方法としてはフェノールアルコール法というものとレーザー治療の二種類がありますので紹介します。

 

歯茎のホワイトニング

フェノールアルコール法

フェノールアルコール法

 

これは特殊な薬品を歯ぐきに塗って歯ぐきの上皮を剥がすことでピンク色の綺麗な歯肉を取り戻す方法です。

 

日焼けで皮が剥ける様子をイメージしてもらえれば分かりやすいでしょうか。

 

メラニン色素が原因の歯茎の色素沈着であればこの方法で綺麗になります。

 

 

金属イオンが原因の変色であれば、色素はもう一層下に沈着しているので薬品を数回塗って様子を見ます。

 

それでも改善がみられない時は歯ぐきを少し切除したり次に紹介するレーザー治療を行ったり、さらには歯ぐきの移植なども行います。

 

レーザー治療

レーザー治療

 

こちらは簡単な処置で歯ぐきに沈着したメラニン色素だけを効果的に取り除く治療です。

 

通常であれば1、2回のレーザー照射でバージンピンクの歯ぐきを取り戻せるので体への負担が少なく、治療の経過が早いというメリットがあります。

 

麻酔を使う場合とそうでない場合がありますが、治療中の痛みはほとんどありません。あったとしても術後2日間くらいヒリヒリする程度です。

 

肌のメラニン色素を取るためのレーザー治療と比べてレーザーによる歯肉のホワイトニングは簡単で後戻りも少ないので予後の状態もとても良いそうです。

 

 

管理人
あまり意識されていないかもしれませんが、歯は肌と同じように人間の第一印象を決める重要な要素です。

 

どんなにしっかり歯磨きをしている人でも加齢と共に徐々に衰えていくものなので若くあり続けたいならきちんとケアすることは欠かせませんね。


 若くなりたい|TOPページ

関連するページ

体毛が長いのは長寿の証
頭の毛は寂しいことになっているのに、逆に首から下の毛はもじゃもじゃで悩んでいるという人は沢山いるものです。人前で服をぬげない・・・どうにかしたい・・・という悩みは深刻ですが、しかし体毛は考え方によっては長寿の証であるともいえます。ここではそんな体毛について、くわしく見ていきたいと思います。
しっかり眠るだけで細マッチョに
細マッチョ。それは男性ならば誰もが憧れる理想の体です。変に筋肉を付けすぎるわけでもなく、かといって骨と皮だけのガリガリでもないマッチョはその見た目も相まって異性からの人気も最も高いことはご存じの通り。そんな細マッチョが寝るだけで手に入るとしたら・・・やはらに理由はありませんよね。
白髪頭はリーダーの象徴
ハゲや薄毛に憧れる人はいませんが、真っ白な白髪は男性誰もが憧れるところでしょう。電車内などでフサフサ+真っ白な白髪の人を見て「自分も年をとったらああいう風になりたいなぁ・・・」と思う男性は多いものです。しかし、なぜ白髪は男性にとっての憧れなのか?それはみっともない、かっこいいという以外に本能レベルでの別の理由がありました。
わきがについて
いつまでも若々しくあるためにはニオイにも敏感でありたいものですよね。ここでは臭いの中でも特に厄介ないわきがについて解説とその対策方法を書いていきます。
胸の垂れを改善する
若さの象徴、といったらアレですが、女性であれば胸の大きさ・胸の垂れなどは何歳になっても気になるもの。そこで、ここでは女性の胸に関する情報をご紹介していきます。
黒酢について
昨今の健康ブームで、注目を集めている黒酢には、どんな効果があるのでしょうか。ここではアンチエイジングや美容にとって欠かせない黒酢について説明します。
脂肪吸引をする
ある程度の年齢になってくると気になるのが身体の様々な部位に付いた贅肉ではないでしょうか。本来であればダイエットでどうにかするべきですが、中々難しいですよね。そんな時は最後の手段として脂肪吸引に頼るという手もあります。
冷え性を対策する
「病は気から」という諺と並んで有名なのが「冷えは万病の元」です。若い頃は何をやっても平気だったのに年齢を重ねてきてから何となく体が冷えっぽくなってきた人は少なくありません。冷え性は若くなるためには欠かせないのでここではその対策について書いていきます。
見た目と寿命の関係
近年は美容整形の技術向上や健康志向の高まりもあって年齢と見た目が大きく離れている人が少なくありません。でも、そうはいっても実年齢は実年齢では・・・と、思うかもしれません。実はこの両者には関係があることが分かりつつあります。